ホーム / Uncategorized / 栄養をため込む状態になったら要注意

栄養をため込む状態になったら要注意

ダイエットをして体型に変化があったといえば変化はあったけれど良い変化と悪い変化の両方です。良い変化ばかりだったら嬉しいけれど悪い変化も当たり前なのでダイエットって難しいんですよね。悪い変化を恐れていたらダイエットなんてできないですが・・・。

ダイエットをして痩せたと喜んでいると気持ちが上がって食欲が増します。そうすると身体が飢餓状態になっていたこともあり食べたい衝動が止められなくなります。病的な食欲の衝動ではなく普通に感じる食欲なんですが、我慢してきた分欲求は強めです。そしてその食欲に負けてしまうのは「ダイエットすればまたすぐに痩せられる」なんて考えるから・・・。

つい食べ放題のお店なんかへ行って好きなものを好きなだけ「ダイエットで頑張ったご褒美だから」なんて言い訳しながら食べてしまうわけです。そういう日が何日か続くと体重はあっという間にダイエット前に戻り、下手をするとダイエット前の体重を超えています。これは身体が一旦飢餓状態になったことで栄養分をため込む構造が強化されたため。これって人間の身体というか生き物の身体の性質上どうしようもないことなんですよね・・・。だからダイエットは簡単じゃないんです。

よく眠れば太りにくくなる

ダイエットが楽しいと思ったことはありませんね。楽しく生活しているとダイエットなんてしなくても体型が維持できるとわかってきたので最近はあまりダイエットらしいことはしていないですよ。すぐに眠くなるので食べるよりも眠ってしまって、それが体型維持になっているんじゃないかと思ってます。

眠ることは良いことですよ。眠ることっていろいろな意味があるんですが単に身体を休めているだけじゃないんです。もちろん脳の疲れも取っているんですが、眠っている間は意識がなくなっていて、簡単に言うとスピリチュアルな世界へ帰っているんですね・・・。そこで英気を養って帰ってくるわけですが、こういう話は信じる人ばかりではないのでこの辺にしておきます。私は眠る時間が多くなれば多くなるほど元気になるのでたくさん眠りますよ。お腹が空いている状態でも眠くなるからよくうらやましがられます。

たくさん眠ると痩せられるのはわかるでしょう?眠っている間は食べないから太りたくても太れないわけです。起きていると何か食べずにはいられない人は眠ると良いですよ。冬は特に暖かい場所へ行くと眠りやすくなるはずなので身体を温めるものをいろいろ使ってみてください。

著者について: