ホーム / Uncategorized / コンビニ食品でもダイエット可能です

コンビニ食品でもダイエット可能です

コンビニ食ばかりだと太ると言われているけれどそんなことはありませんよ。スーパーのお弁当を毎日のように食べると身体に悪いなんてことも嘘です。同じものばかり食べるのは身体に悪くても、どこかのお弁当をたくさん食べる機会があるというくらいでは身体に影響ないです。

太りやすいというのも私は嘘だと思いますね・・・。もしコンビニ食を続けていて太ったという人がいたら、その人は太るものを選んで食べているか太る食べ方をしているだけ。コンビニ食だってスーパーの総菜やお弁当だって食べ方や食べる時間を考えれば太りません。逆にダイエットに役立てることができる食品がたくさんあるので悪く言うことは全くないわけです。

たとえばコンビニやスーパーで人気のカット野菜は特に毎日でも利用したい食品でしょう。カット野菜は栄養が摂れない野菜というのも誤解ですよ。丸ごと野菜よりは栄養が摂りにくいかもしれませんが、丸ごと野菜を毎日コツコツカットしながら食べませんよね・・・。キャベツをカットして食べるくらい簡単じゃないか・・・と思う人もいるでしょうがこれを毎日やっている人は意外と少ないと思います。コンビニやスーパーの食品でもダイエットは可能ですよ。

初めて伝えるお腹周りに効く方法

お腹周りが気になりだしたのは40代です。30代はお腹周りが気になるという感じはなく、出産したこともあり特に気にしていませんでした。妊娠したり出産したらお腹周りの様子が変わるのは当たり前です。それをどうにかしようとしたってそれはどう頑張ったって無理でしょう・・・。

だからお腹周りが気になりだしたのは子育て中の40代初めごろ。今も子育て中ですがお腹周りを鍛え続けているので昔ほど気になりません。鍛え方はいろいろありますがお風呂でお腹を鍛える方法が好きでこれまで誰にも言わずにコツコツ続けていました。簡単な方法ですし、私の年齢でもお腹が引き締まりウエストラインが出るのでお産を経験した女性にお勧めしたいと思い紹介することにしました。

ユニットバスでは少し狭いかもしれませんが、それも身体の大きさと関係しますのでできる人もいるしできない人もいるという感じですね。浴槽の縁に肘あたりを乗せそこに力を入れて身体を持ち上げます。身体を持ち上げてお尻から足から全て浮いたらそこでキープします。それができたら徐々にウエストをねじっていくんですが、これができるのはちょっと大きめの浴槽なのでそこは銭湯などで工夫してみましょう。

著者について: